2022-05-18日記

やっぱり好きなものを見つけたい衝動

ハマれるもの、好きなものがあればいいなあ、と思う。

ないものねだり。

探せばあると思うのだけど。

思うようにはならない。

好きなものに対する考え

好きなものがあるメリットは?

夢中になれる。

満足感が得られる。

楽しい。

ほんとに?

幻想かもしれない。

私が好きだったもの

サッカー。

何が好きだったのか。

練習して上達を感じられる。

試合に勝つ。

チームメイトとの交流。

つまり。

成長、勝負、人間関係。

これらの要素があれば好きになれる。

と思う。

好きになれそうなものはあるかい?

わからん。

考えてみ。

あい。

2022-05-18日記

今日考えたこと。

私は言葉にすることが苦手である。

正確には、生活について話すことが苦手である。

ただただ生きているだけだから。

言葉をあまり知っていないのだ。

本屋さんで有名な人の日記を読んだ。

そこにはその人の生活が言葉にされていた。

その日の天気、その日に食べたもの、その日の庭の状態、誰と会って、何をしたのか。

私が日記をつけるとしたら、そこまで詳しく書けるだろうか。

いや、無理だ。

私は生活を軽んじているわけではない。

しかし、無為に過ごすことが多々ある。

今日一日、何をしてたっけ・・・

そんな日もある。

どう生きようとその人の勝手だ。

私も私の人生を生きる。

しかし、他人の人生を知ってしまうと、どうしても羨ましく感じてしまう。

なぜだか。

おそらく自分の人生に満足していないのだろう。

今でも十分と思いつつも、心の奥底では満たされていない。

他人を見るたびに、自分の足りない部分を補いたがる。

そうあるべきだと思うが、少し、しんどい。

自分の中にも他人に羨ましがられる何かがあればいいのだが。

そう考えてしまうし、その何かは、自分ではなかなか見つけられない。

・・・話を元に戻そう。

私は言葉にすることが苦手である。

こういった思考の内容ではなく、生活の内容を言葉にすることが。

多分これは、私が今まで言葉にしてきたことがないのが原因だ。

つまり、慣れているか慣れていないかの問題。

慣れてしまえば苦手ということもなくなるはず。

ただ、慣れるまでそれをやってみて、やり続けなければならない。

それが難しくてできないから、苦手なのだ。

苦手なのも癖の一つかもしれない。

2022-05-18日記

田崎しのはシチュエーションボイスをやってます

突然ですが、私、田崎しの。

YouTubeとニコニコ動画に自分の音声を投稿しております。

どんな音声かと申しますと、シチュエーションボイスというものです。(あとラジオ的なものも)

シチュエーションボイスは、その名の通り、日常、非日常に限らず、いろんなシチュエーションを声で演技するものです。

今回は、そのシチュエーションボイスでいただいたリクエストをまとめようと思います。

今いただいているリクエスト(有難いです!)

動画へのコメント、質問箱への質問にてリクエストをいただいています。

ありがとうございます!

●ベッドに入ってからのもう少し

●彼女に押され気味(彼女には逆らえない)的なシチュエーション

●体調不良を隠す彼女を看病する

●入院した彼女を看病

●帰宅から就寝まで

●強い喧嘩(怒っているボイス)

●ペットに嫉妬する彼氏

順番が入れ替わっていたり、拾えていないものがあったりした場合、申し訳ありません。

個人的にやりやすいものからやってみようと考えています。

またアドリブでやるつもりなので、どれからやるのかは、収録のときの気分次第ですね。

投稿までお待ちいただければ、幸いです。

コメントや高評価もありがとうございます!

ニコニコ動画の方でたくさんコメントをいただいていること、YouTubeの方では高評価をいただいていることが驚きと嬉しさでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

これからもマイペースながら続けていく予定なので、よろしくお願い致します。

次の投稿は、たぶん来週。

2022-05-18日記

ハマることへの罪悪感

iPadのマインクラフトにハマってしまって一日中やっている件。

ハマったら罪悪感に苛まれるのは、なぜでしょう。

ハマったら好きだと認めて、とことん追求しようとは思わないのは、なぜでしょう。

私の癖。

やってしまうこと。

やるべきこと。

やりたいこと。

すべてが一緒だったらいいのに。

そうもいかならいらしい。

最近、

やってしまうことは、マイクラ。

やるべきことは、生活費を稼ぐこと。

やりたいことは、シチュエーションボイス。

全然違う。

だから、もやもやするんだ。

罪悪感だ。

自己嫌悪だ。

どうするんだ。

決意と習慣で改善を試みたい

今までも同じようなことで悩んできたが、改善したこともある。

早起きが良い例だ。

早起きは、やるべきだし、やりたいと思った。

そこで習慣化に取り組んだ結果、今ではやってしまうことになった。

早起きを習慣にするとき、決意があった。

https://tasakishino.com/ketsui/

これこそ今の私に必要なのだ。

たぶん。

今の私にやるべきだし、やりたいと思うことは何だろう。

・・・何だろうなあ。

決めかねている。

やっぱり決意が足りないらしい。

2022-05-18日記

今日、お昼寝をしていたときの夢。
あまりにも今の状況を何とかしたいと思っているような内容でした。

* * *

 場所は、博物館みたいなところ。
 みたいな、というのは、何が展示されているのかわからないから。
 私は、とある博物館みたいなところにやってきた。
 来て早々、ベンチで休憩していたところ、隣にみすぼらしい帽子をかぶったおじさんが座った。
 しばらくして、先におじさんが立ち上がり、なぜか間違えて私のコインケースを持って行ってしまった。
 私は慌てて、声をかける。
「あの! すみません、それ私のです」
「え?」振り返ったおじさんは「ああ、すまない」と言って、私にコインケースを返した。

 少しして、私も行こうとしたとき、自分のコインケースが自分の荷物の中から見つかった。
 青ざめる。
 返すためにおじさんを探す。
 館内を小走りに。
 途中で館員の人に、警備に届けよう、と言われるが、私は直接おじさんに謝罪がしたくて、必死になって探した。

 館内には、いろんな人がいた。
 目が見えない人。
 顔が、なんか、潰れている人。
 舞い踊っている人。
 シーンとして、誰もいないような二階に、ヘッドホンをして横たわる人たち。
 彼らを見たとき、音を立ててはならないと、心臓がバクバクした。

 一度、一階に降りて探していたら、おじさんが二階に上がて行くところが見え、
「あの! すみません! あの! お客様!」
 大きい声で呼び止めて、ようやくおじさんはこちらに気づいた。
「本当に申し訳ございません! 先ほどサイフを間違えて持って行ったと言ってしまったのですが、私のは私のところにありまして、こちらはあなたのものでした。間違いは私でした。申し訳ありません」
 頭を下げる。土下座する。慌てて自分の帽子を脱ぐ。
 二つのコインケース。
 おじさんのものと、自分のものを両方見せて出す。
「全く同じ形で・・・? 同じ模様だったので」
 と言い訳する私。
 全く同じものだと思っていたが、色と形は全然違う。
 おじさんのものの方が年季が入っている。
 ふにゃふにゃで柔らかい紺色。
 私のはカッチリしていて茶色。
 おじさんは「ああ」と言って、私に倣うように土下座して、頭を床につける。
 深々と頭を下げ、腕を前に伸ばし、ベタっと上半身を床にくっつける。
 私は慌てて「いや、頭を上げてください。逆です。私が悪いんです」とあたふたした。

 そして、なんやかんやで、二人ともベンチに座って話をした。
 おじさんは私にいくつか質問した。
「なんか興味は?」「芸能とかは?」みたいな話。
「なさそうやな。そんな顔してる」と言われた。
 落ち着いた後、なぜか私の将来の話になった。
「高校生か?」
「いえ、大学です。卒業前です」(ウソ? 無職のような感覚)
「どうすんねん?」
「いや、どうしようかなあ、と」
「探偵とかどうや?」
「探偵?」
 急にその言葉が出てきて、私は真っ先に浮気調査とか地味な仕事の方を頭に思い浮かべた。
「興味はあります(笑)」
 しがない探偵も悪くなさそう。
 でも、そんな職業になる勇気はない。大胆な行動はイメージすることはできるが、実際に行動に移すことがない。それが私。

 おじさんと別れ、少し想像した。
 暇なオフィス。カップ麺を食べて、知人と会話。
 噂話を耳にして、人と人との間を行ったり来たりし、事件を解決。
 みたいな。
 暇な日常に舞い込んでくる刺激のようなイベント、事件、仕事。
 なんか、漫画のような世界。

* * *

暇なのです。
今の私は。
だから刺激を求めて、こんな夢を見てしまうのでしょう。

しかし、刺激を求めて行動を起こすこともしない。
そんな自分に嫌気がさしながら、私は、

コーヒー牛乳を飲むのです。

久しぶりにリアルな夢。

2022-05-18日記

ブログを振り返って、ブログの目的を見つける旅。

を、する前に。

よく考えてみたら、私はブログで発信していたのではなくて、発散していたのかもしれない。
というお話。

何も考えてこなかった

このブログには、どんな想いがあり、誰のためにあるのか。
私は誰に、どんな価値を提供するのか。

そんなことは考えてきませんでした。
とりあえず毎日ブログを書くことだけを意識していました。

なぜか?
習慣化したかったから。
ブログを好きになりたかったから。

習慣化には成功しています。
ブログを好きになったかは微妙。

しかし、そもそもなぜブログを書き始めたのか?
それが問題です。

お金を稼ぎたかった

ブログを書き始めた理由は、正直に言うと、ノーリスクで始められて、努力次第でお金を稼ぐことができると知ったからです。

「自分の考えや誰かの役に立つ情報を発信したい!」
そんな気持ちは少しだけしか、持ち合わせていませんでした。

お金を稼げるらしい。
とりあえず始めてみよう、無職だし。
とりあえず習慣化して好きになってみよう。
そんな思いからスタートしたのです。

だからか、開始して1週間で、やる気がなくなり、今のスタイルになりました。
つまり、日々の出来事や考えたことを垂れ流しにする日記形式です。

日記からは何も生まれなかった

毎日、誰の役にも立つことがないような私の日記を書いてきました。
そんな内容で読まれるはずもなく、表示数は1日0か1、多いときでも10以下。

ここで、こんなブログでもご覧いただいている方々に感謝を。
本当にありがとうございます!

読まれることは少ないけど「まあいいや」と。
毎日更新を目標にしていたので「無理しないで続けること重視」と思っていました。

毎日ブログを更新していますが、今思うことは。
「何も生まれないなあ」
ということです。

そりゃそうです。
続けることが目標になっているのですから、それ以上は何もありません。
私には次の目標が必要だったのです。

やるべきことから逃げていたかった

次の目標が必要であることは、実は気づいていました。
80記事くらい更新したときくらいに。
毎日更新をし始めて、もうすぐ3か月というとき。

3か月続けることができた。
次の目標を設定して、それに向かって進むべきではないか?
そうして考えてみた結果。

「あれ? 私には何もなくない?」

ちょうどこのときくらい↓

https://tasakishino.com/doshitarainda/

自分は何を発信すべきなのか。
考えながらブログを更新してきて「人生の目的と向き合う」こともして。
それでも気づいたことは「自分には何もない」ということだけ。

「え、じゃあ、どうしたらいいの?」
となってしまった私は、それ以上考えることから逃げたのです。

「自分には何もない」というストレスを発散したかった

何もない。
何も生まれない。
何も見つからない。
もう「無理しない」でいこう。

最近になってそう思うようになり、自分の中でテーマが「無理しない」になりました。
お金を稼ぎたくてブログを始めたような気がするけど、自分には向いてないから無理しないで、今のまま自分の好きなことを好きなように書いていこう、と。

しかし、SNSで他の人がブログで稼いでいることや、確かな思いを持って情報発信している様子を見ていると、どうしても「もやもやした気持ち」が芽生えてきます。
この気持ちは、おそらく「自分も人の役に立つ情報を発信して、お金を稼ぎたい」というもの。

そこまでわかっていても、私にはそれができません。
だって、自分には何もないから。
情熱も志も理想も、人の役に立つ情報もスキルも、絶対にお金を稼ぎたいという欲望も。

何もないことに気づいてもブログをやめないのは、毎日続けてきた実績を捨てたくなかったのと、もやもやする気持ちを発散したかったから。
ブログを日課にすることで、無職である自分に仮の仕事を与え、もやもやした気持ちを紛らわせたかったのです。

わからなかった

何もないなら、努力すればいいじゃないか。
何かについて勉強する。
何かスキルを身につける。

それらのことはハッキリ言うと・・・面倒だ!

そう、私は人として終わっている。
「無理しない」じゃない。
「無理したくない」のだ。
何事においても。

わからないのだ。

人生の目的も生きる意味も生きがいも。

ぜひ聞きたい。

何で生きてるの?

何で今、そんなことしてるの?

誰かがそれに答えられたとしても、私はそれを受け入れらないだろう。
その答えはその人のものでしかないからだ。
自分の答えは自分で見つけるしかないのである。

私はその答えを見つけようとすることに疲れた。
しかし、見つかることを期待している。
だから生きているとも言える。

見つかれば救われる。
そうとさえ思える。

見つけようとすればするほど、見つからないことも知っている。
それでも見つけようとしてしまうのだ。
私はそういう人間なのだ。
そう決めつけてしまっていて、そんな自分を好きにも嫌いにもなれないのだ。

だから私は、

このブログを書いているのです。

2022-05-18日記

私にはどんな想いがあって、誰のために発信するのか。
そして、モンスターハンターアイスボーンを買うのか買わないのか。
考え始めて早1週間(?)。
決まったことを決められないことがある。

決まったこと

アイスボーンを買いました!
モンハンワールドのストーリーは一応クリアしていたので、すぐに新しいフィールドである「渡りの凍て地」へと向かい、これまた新モンスターの「ブラントドス」を狩猟しました。
やはり楽しい! 相手めっちゃ強いけど。
装備を揃えつつ、まったり進めていきます。

発売してすぐ買うなら、予約しておけばよかった・・・。
なんて、思ってないんだからねっ!

決められないこと

これは「あんちゃ」先生の教え
「私にはどんな想いがあって、誰のために発信するのか」
これを明確にすることで、発信力を磨くことができるというものです。

そもそも自分に発信力が必要なのか?
という問題。

・・・欲しいなあ。

あればいろんな人に私のことを知ってもらえるでしょう。

・・・?

私はいろんな人に自分のことを知ってもらいたいの?

え? 違うの?

いや、そんなこと考えたことなかった・・・

え? じゃあ何でブログやってんの?

・・・なぜでしょうか?

自分はなぜブログをやっているのか

https://tasakishino.com/theme/

この記事に書いていました。

今では「イラスト」も「ウクレレ」もあまりやっていませんが。
「料理と写真」なんて一回も公開してません。
唯一「自分の声を使った面白いこと」だけはやっていますね。
え? 面白いですよね、コレ

なんだかんだいろいろやって「田崎史乃のことを覚えていってもらうこと」。
これこそが、本ブログをやっている理由でした。

そうやったんや・・・忘れてたわ。

うん、知ってた。

誰かの記憶に残るということ

ちょっと待ってください。
「田崎史乃のことを覚えていってもらうこと」ということは。
私は「誰かの記憶に残ることをする」ということ?

そんなことが可能なのでしょうか?

可能なんでしょうな。
現に、自分が他の人のことを記憶しています。
例えば、「あんちゃ」先生。
私は彼女の発信している「何か」に引っかかって、彼女のことが記憶に残ったのです。

こんな言い方すると、何か気持ちわるいですね。
でも、「誰かに覚えていってもらう」とは「誰かの記憶に残る」ことなのです。

覚えてもらうことが目的となっていいのか

自分のことを誰かに覚えてもらいたい、という望みはわかる。
しかし、それが目的となっているのは、少し違う気がします。
覚えてもらうのは、結果でしかないような。

何かをする→誰かに伝わる→覚えてもらう
この流れは覆せません。
誰も私に興味も関心もないのですから。

私が何かをしていることによって、誰かがたまたまそれを見つけて、奇跡的に興味を持ってくれるとします。
そうしてようやく「田崎史乃っていうのか」と覚えてもらえます。

私が覚えてもらうために何かをしているとすれば、そのやる気は続かないでしょう。
今がそうであるように。

改めて、何のためにブログをするのか

では、覚えてもらうことをブログをやる理由にするのではなく、他の理由を見つけましょう。

・・・あれ?
それを今までブログで考えてこなかった?

そうだったような。

では、

ちょっとブログを振り返ってきます。

次章、ブログの目的を見つける旅へ

つづく、のかい?

2022-05-18日記

9月の目標は「『無理しない』道を明確にする」。
忘れないように毎日書きます。
「無理しない」道を明確にするために、今日はカテゴリーを整理しました。
まだ終わっていませんが。

2019年4月1日から毎日更新を続けてきました。
全部で150以上の記事があり、それぞれをどのカテゴリーに分類するのか悩みます。
が、今まで書いてきた内容は、ほぼ日記みたいなものです。
毎日「今日は何を書こうかな」と考えて、その日に考えたことを書いてきました。
それは全て、自分のためでした。

ブログを始める前からずっと、自分の考えを発信することに憧れて、様々なブログやサイトを見て回ってきました。
正直に申しますと、私が今、一番参考にしているのは、「あんちゃ」さんです。
私のブログのリニューアルも「あんちゃ」さんのブログを意識して作っています。

ここからは「あんちゃ」さんのことは、誠に勝手ながら「先生」と呼ばせていただきます。
先生のことは先生のブログを読んでもらえば、ご理解いただけるかと思います。

[blogcard url="https://www.mazimazi-party.com/entry/profile/"]

なぜ私が先生を参考にしているか。
ハッキリ言って、直感です。
先生には何かある。
私が学ぶべき何かが。

そんなことを思いながら、自分のブログを毎日更新してきました。
そして、とうとう自分の発信したい内容が見えてきたとき、先生の教えが自分の身にスッと入ってきたのです。
それは先生の言う「発信力」とそれを磨く上で大切な「想い」と「優先順位」です。

先生の教えの内容は割愛しますが、これらは私に大きく不足しているものです。
だから私は、先生から学ぶべきだと感じたのでしょう。

で。

実際、自分に足りないものがあることがわかりました。
ありがとうございます。
じゃあ、どうするの?

・・・

私は先生の教えを参考にしながら、自分の道を歩んでいきます。

「私にはどんな想いがあって、誰のために発信するのか」

これを考えることは、つまり。
9月の目標である「『無理しない』道を明確にする」ことだと思いましたとさ。

考えよう。