ルイージのスマホの着信音は、ゲームキューブの起動音?マリオ映画の小ネタ発見が面白い!

昨日は大晦日。

日曜日ということもあり、奇跡的にお休みだった。

そして今日は、お正月。

お仕事です。ありがとうございます。

次の日もお仕事ということで、昨日は1日ゆっくり過ごした。

映画などを見て。

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』を観た。

2023年4月に公開された映画だが、早くもAmazonプライムビデオで視聴可能になっていた。

吹替版を観たが、ニンテンドーに関する小ネタが満載で、めちゃくちゃ面白かった。

先日見たパウ・パトロールの映画と同じく、制作はイルミネーション。

抜群に綺麗なグラフィックで、迫力もすごかった。

私が一番気に入った小ネタは、ルイージが持つスマホの着信音が、ゲームキューブの起動音だったこと。

こんなん気づく人いるか?! と思ったけど、検索してみたら、普通にいる。

https://www.ndw.jp/mario-game-230501/

面白いねえ!

ルイージのスマホってのが、またいいよね。

ルイージ個人が活躍するゲームって、ゲームキューブの作品『ルイージマンション』が印象深い。

映画内でも、暗い場所でライトを持って怯えるルイージの姿は『ルイージマンション』を思い起こさせた。

音楽も演出もよかった。

マリオのゲーム音楽は、どの曲も耳になじんでいるので、アレンジされていても分かる。

映像も相まって、壮大な感じになっているのも、ワクワクして楽しめた。

妻も一緒に見ていたのだが、彼女の感想で興味深いものがある。

現実世界にマリオのステージを作ったら、こうなるのか。という言葉。

マリオといえば、横スクロールアクション。

映画の序盤で、配管工のマリオブラザーズは依頼を受けて、車で現場に向かおうとするも、まさかのエンスト。

時間がないので走って行くことにしたが、さまざまな障害物が立ちはだかる。

その障害物がまさにゲームのステージのような作りだったのだ。

フェンスをジャンプで越えたり、高い壁を階段やポールを駆使してクリアしたり、マリオは身軽に走っていく。

ルイージはついて行くのに必死だったけど、マリオの助けもあり、なんとか2人で現場にたどり着く。

なるほど確かに、現実にマリオのステージがあったらこんな感じだろう、と妙に納得した。

それくらい説得力のある演出、描き方だったと思う。

書きたいこといっぱいあるなあ。

かわいいキノピオがかわいかったとか、ピーチ姫が勇敢でカッコよかったとか、ドンキーコングの登場でモンキーラップが流れる熱さとか。とか。

拾い出すとキリがない。

正直に言うと、私はマリオのゲームをほとんどやったことがない。

小さい頃、兄がスーパーファミコンでやっているのを見ていただけだった。

ニンテンドーと言うと、ゲームボーイカラーからポケモンで育った身である。

そんな、マリオのめっちゃファン、でなくても、なんとなく懐かしく思い、楽しめる作品だった。

最後にヨッシーのたまごが映され、続編への期待が高まるが、お正月現在は未定とのこと。

楽しみに待つことにしよう。

それでは、お達者で。

あ。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました