健康

私の家庭では基本的に、平日の晩ご飯を一汁一菜にしています。ご飯とお味噌汁、あと一品はお漬物だったり、買ってきたお惣菜だったり。この食生活は手間がかからず気に入っています。

以前は、だし入りのお味噌を使っていましたが、一汁一菜の生活を始めてから、無添加のだしパックとお味噌を使うようになりました。だしを取ったあとのパックの中身がもったいないので、再利用しようとふりかけの作り方を調べてみました。以下、実際にやってみた方法を覚書として。

だしパックふりかけの作り方

  • 冷凍保存しているだしパック、12個
  • しょうゆ、大さじ4くらい
  • 砂糖、大さじ3くらい
  • かつお節の小袋、2袋
  • 白いりごま、大さじ2くらい
  1. 冷凍のだしパックを電子レンジで解凍する。300W1分半くらい。
  2. 解凍しただしパックを乾かす。半日くらい。
  3. 乾いただしパックの中身をフライパンに出して、中火で炒る。全体的に大きなダマが無くなるくらい。
  4. かつお節、白いりごまを入れて混ぜる。
  5. しょうゆ、砂糖を入れて混ぜる。
  6. 味見してお好みで調味料を足す。
  7. 完成!

白ご飯に乗せたり、卵かけご飯に混ぜたりして、おいしくいただきました。だしパックの数によりますが、今回は一週間分くらい作れました。小さいフライパンで始めてしまったので、時間がかかりました。まただしがらが貯まったら、次は大きめのフライパンで作ってみたいと思います。

2022-05-01気持ちの整理

ついに来週に迫ったバレンタインデー。
世の男たちはソワソワし始め、女性たちは何を思っているのか、男の私には検討がつかない。
街のスーパーやコンビニに並べられたチョコレートを見ると、自分はもらえるのだろうかと心がざわざわします。
私には妻がおります。もらえるでしょう。……もらえるよね? ……ん?

そんなことを考えながらも、心の中では、
「無理しなさんな、私には何もいらない。ただ側にいてくれるだけでいいよ」
という小さな思いを、そっとささやきたい自分もいる。気持ちわるいって言わないで。
だからあえて、こう宣言するのだ。

「バレンタインに欲しいものは、ない」

チョコレートもクッキーもその他のプレゼントも、必要ない。
ただ側で「忙しくてバレンタイン忘れてた、てへぺろ」と笑って過ごしていてくれ。
それだけが私の願いです。

いただけるだけで満足です

なーんていう格好いい自分は置いておくとして。
本当に欲しいものないのかな、と一度考えてみたのです。
財布は今使っているものがあるでしょ。手袋やマフラーもすでに身につけている。
腕時計をコレクションする趣味もないしなあ。

あ、いやいや肝心のチョコレートよ。
そうそう、チョコレートもお高いやつじゃなくていい。
むしろ普通のがおいしく感じる。
ダースとかポッキーとかアルフォートとか、そっちの方が嬉しい。
なぜなら気を遣わなくていいから。
家族や気心の知れた間柄であるなら、そういうのでよいのです。
何かいただけるだけで満足なのです。いつもありがとう。

友チョコ? なにそれモッタイナイ

バレンタインは、親しい人に渡すだけでなく、ただの知り合いや薄っぺらい友達にも渡すものですって? 
ああ、そうでしたか。私にはそういう人が周りにいないものでして。
正直に申しますと、
「なんでそんな人に渡さないといけないの?」と思う次第でございます。

それこそ何でもいいじゃんね。
お徳用の個包装チョコレートを3個あげよう。
安く済むし、いろんな人に渡せます。
なぜ3個なのか、特に深い理由はないです。
けど、「お前は第三者だ」というメッセージが込められているのかもしれません。

好きな人にこそ

実は、好きな人に渡す場合も同じです。取り繕わなくていいんです。
お菓子作りが趣味であるなら、手作りもアリでしょう。
けど、そうでないのなら、無理しなくていいのです。

特別感も必要ないです。
好きという気持ちに、大きいも小さいもないのですから。
伝わるときは伝わるし、伝わらないときは仕方ありません。
男としては、女性が見栄を張るのも可愛いと思うときはありますが、基本的にはそのままで十分可愛いと思っています。口に出して言いませんがね。

笑っていればそれでいい、それがいい

というわけで、バレンタインなんて、ホントどうでもいい。

もらえたら嬉しいです。甘い物はおいしいです。もちろんです。
でも、バレンタインじゃなくてもいいじゃない。誕生日でも記念日でもないし。

もし誕生日、記念日だったら盛大にお祝いましょう。おめでとうございます!

誰かのために、チョコレート作りやプレゼント選びが楽しめるなら、それはとっても素敵なことです。
でも、どこか無理したり、悩んだり、不安になったりするなら、思い出してください。

男が本当に欲しいものは、あなたの笑顔なのです。

ホワイトデー考えるのが面倒くさいのよ。

気持ちの整理

YouTubeで観た動画を紹介します。
『超わかる!ニーアオートマタ①【ストーリー考察】』上級騎士なるにぃ

はい。ゲーム動画です。
前・後編あり、どちらも1時間超えです。とにかくすげえ。

なんで観たの?

パソコンで作業している間、音楽を流しています。
YouTubeで何を流そうか検索していると、いろんな動画を観てしまいます。
そして、作業が中断。
我に返り、BGMを検索。
また作業が中断。
我に返り、作業のお供を検索。
これの繰り返し。一向に作業が進まないです。残念。

そんな中、気になっていたゲームの考察動画を発見。
ニーア オートマタ(NieR:Automata)』です。
話題になったのはかなり前です。発売が2017年ですね。
自分は当然ながら未プレイ。内容は知りませんが、タイトルは何度も目にしたことがありました。

正直、内容も操作もむつかしそうなゲームです。以下、概要。
すっごい未来のお話。地球にエイリアンが侵略してきて、人類は月に逃げている世界観。人類は地球を取り戻すためにアンドロイドを作り、エイリアンが作った機械生命体と戦っています。主人公はそのアンドロイド。アンドロイド(人類側)VS機械生命体(エイリアン側)が繰り広げられていく中で、主人公たちがなぜ生まれてきたのか、知っていくことになります。

うん。わからん。

わからんからこそ、作業用BGMにはぴったりだろうと思ったのです。

観てしまうに決まっていた

案の定、前編、後編ともに観てしまいました。
作業そっちのけです。だって気になるんだもの。

ゲームの映像すごいし、ストーリー気になるし、解説のしゃべりもお上手。
映画1本、観た感じです。
ゲームプレイしてなくても、これだけの満足感。
すごいなあ、有り難いなあ、と思った次第です。

自分の場合、ゲームはプレイするより、見る派なのです。
操作を楽しむよりストーリーを楽しみたい。こんなゲームの楽しみ方は間違っているだろうかと、たまに不安になります。
しかし、小さい頃、兄や友だちがゲームをしている画面を、隣で眺めていたことを思い出して、ちょっと懐かしい気持ちにもなります。
これはこれでアリだと、自分で自分を認めてあげましょう。

まとめ・感想・結論

気になるゲームは、YouTubeで確認できます。
自分でプレイするかどうかの判断材料になります。
プレイしなくても映画を観たような気持ちになれます。
ゲーム実況者さん、ありがとうございます。

ポケモンの新作買うか、迷う。

2022-01-28レビュー

ウェブスクレイピングに苦戦しました。

『文系でもはじめてでも稼げる! プログラミング副業入門』という本を読みながら、ほぼ1日かけてやってみました。

ですが自分の力及ばず、学習環境の構築までで終わってしまいました。

正直、構築が上手くいっているのかすらもわかりません。

また今度チャレンジすることにしようと、一旦あきらめました。

仕方なかったんや……。

そもそもなぜ?


自動で情報収集ってかっこいいよな、と思ったからです。

いやいや、それだけではありません。プログラミングには元々興味があったのです。

自作パソコンやWebデザイン、ラズベリーパイ等には手を出した経験があります。ただそのもう一歩先、プログラミングについては未経験でした。

自分でWordPressのテーマとか、アプリとか作ってみたいなーとは思っていました。その度に調べてみるのですが、ちょっとネットで検索するぐらいでは、到底理解できませんでした。

プログラミング、何から手を付けるべきか……

自分にとっては、教室や講座に通ったり、自習型サービスを利用したりするのは、お金がかかりすぎます。

本を読むのは?

でも実践が大事でしょ?

それに本もいろいろありすぎて、自分に最適なものを見つけるのが面倒。

そうやって言い訳をしながらプログラミングを学ばない生活を続けていました。

そんな中、古本屋さんで見つけた一冊の本。

『文系でもはじめてでも稼げる! プログラミング副業入門』
日比野新(2020年)ソシム株式会社

という本を読んで。

どうも、文系です。

どうも、はじめてです。

どうも、プログラミングがしたいです。

中身をパラパラと見ると、HTMLとCSSの知識に半分、Pythonを使ったウェブスクレイピングの解説に半分という感じ。

ほう、これは。

HTMLとCSSについては履修済みなので、Pythonとウェブスクレイピングについて心惹かれました。

やってみたかったよ! と。

はてさて、読んでやってみましたが、結果は前述のとおり。

なぜなら、自分が今使っているパソコンがChromebookだからです。

解説はWindowsとMacしかありません。当然でしょうか。

もちろんChromebookでもウェブスクレイピングはできます。むしろプログラミングを学ぶならChromebookは最適です。

ただ、なあ。

わからないことがあると逐一調べる必要があるのです。

「せやったらこの本じゃなくてええやん!」となったのでした。

感想・まとめ・結論

Chromebookでの解説はなかった。

サイトから無料特典をダウンロードする必要がある。これも面倒。本とPDFとプログラミング画面と行ったり来たりするのが大変だった。

実際にやりながら学ぶ方法はいいが、解説が不十分である。直接教えてもらえる先生が必要。

つまり、プログラミングの独学は、根気が必須だと実感。

また気が向いたら挑戦したいです。

気持ちの整理

ご質問をいただいたので

シチュエーションボイスを投稿するのに、どんな機材が必要か、ご質問をいただいたので、考えてみました。

私は、ニコニコ動画とYouTubeにて、シチュエーションボイスを投稿していました。今はこのサイトでプレイリストを公開しているので、どんなものか確認してみてください。

https://tasakishino.com/voice/

必要なものは「やる気」

シチュエーションボイスの投稿に必要なのは「やる気」です。後にも先にもこれが一番必要です。これがあれば、分からないことは自分で調べるし、必要なものは買い揃えるし、実際に録音するし、とりあえず投稿もできます。

いや、本当に。やる気がないと続けることもむつかしいですよ。私も経験済み。始めるときは、やる気と、好奇心と興味があれば勝手に始められます。ですが、やる気は長続きしません。いかにやる気を持続させるか。その答えも必要ですね。

結論:やる気なんていらねえ

なぜシチュエーションボイスをするのか。何のためにやっているのか。そしてそれを考えながら、やり続けられる気持ち、つまり「やる気」が必要です。とにかくやる気。

……しかし、そんなものなくても始められます。

やる気がなくても続けられます。

ようするに。こんな無駄なことを考えていないで、できることから始めていけばよいのです。ちょいと考えて、ちょっと調べたらわかることを、誰かに質問する必要もないです。

わからない? いやいや、それはただの言い訳です。始めないための言い訳に過ぎません。

さっさと始めてしまえばよいのです。

うん。これ全部、自分のことやね。

気持ちの整理

小さな習慣について実践
毎日続けたいことを挙げてみよう
文章を書く

・・・昨日書いてたわ

コピペっ
本を読むこと
文章を書くこと
写真を撮ること
音声を録音すること
イラストを描くこと

・・・多すぎない?
2つ3つがいいらしいけど、どう?
小さくしていくと、こう

1ページ読む
一文書く
空の写真を1枚撮る
「あー」という声を録音する
イラスト、、、ラクガキ、、、ちょっとこれは要検討
完成させるにはハードル高いし、線1本描くというにはラクガキにもならん
でも完成させないと、、、
いや、はじめること、続けることを優先しよう
公開するのは別にして、とりあえず
アプリを開いて、ペンを持つ
まずは、ここから

今日はここまで

2021-12-22気持ちの整理

211222 『小さな習慣』を読んで

小さな習慣を続けていく所存
本を読むこと
文章を書くこと
写真を撮ること
音声を録音すること
イラストを描くこと
それらを発表していく所存
誰にも望まれていないことは承知でい
ただ自分が望んでいるんでい
ずっとモヤモヤしているのも
いい加減に改善していく所存

なんでもいいから
5分だけでいいから
アホらしくていいから
手を動かそ
身体を動かそ
考え事は頭の片隅に

よろしゅう

211220 書きたい気持ちを育む『書く習慣』を読んで

他人の人生を覗き見ている暇はないのだよ
自分の人生について書いてみなければいけない
本の感想しかり、考えたこと、日記しかり
そしてそれを習慣にする
書くことができれば、話すこともできるはずだ
書いたことを読めばいいのだから。
なにから始めたっていい
とにかく始めなければならないのだ

答えではない、ヒントでしかない

とことん自分と向き合ってきたか
自分の中にある答えを形にする
言葉にする
これが今の私に必要なことだと思うのだが

世の中には憎らしいほど才能に溢れた人たちがうようよいる
真似できるできないはともかく、私は彼らのようにはなれない
私は私、自分は自分、ただそれが何か、なんなのか
あるはずもない、そんな幻想にとらわれている気もする

とりあえず公開していくしかないのかしら
こんな文章の中に学びがあるか
気づきがあるのか

せっかくだから、誰かに読まれる文章を書きたいなあ

できた!

やった!

以上!

ここまでのお相手は、田崎史乃がお送りしました!

誰かの真似ではなく、自分で考えて、自分で作りたい
もちろん誰かの影響とかインスパイアとか、パクリとかオマージュとか
あるかもしれへんけれども
それはそれで、私らしいではないか、ね

気持ちの整理

不定期更新の雑記帳です。心の内を吐露しますね。
日記メニュー

0905 今の気持ち

今の気持ちを整理しておきたい
アルバイトの掛け持ちをして約一年経った。
先月片方から社員のお話をいただき、今月の頭に面接と適性検査を受け、その次の日に合格の連絡が来た。

なるようになるなあ、と思っている。
決して真面目に生きているつもりはないのだが、見てくれている人はいるものだ。
自分の中のこだわりというか、芯というか、軸というか、そういう何かがあるのかもしれない。
自分が知らない間に体現していて、それを見てもらえて、期待していただいたということだ。
自分の成長も望まれる。向上心にはあまり興味がなかったが、頼まれごとを引き受けてみるということをやってみたかった。謙虚に、謹んで受けます、と。
それが前の自分とは違うところかもしれない。
小林正観さんの本と出合って、少しは考え方が変わったのだろう。

私の最重要は、自分のペースで働く、というものだった。課題の作文を書いていて、改めて気づいた。
なぜ自分のペースなのか。
ベストパフォーマンスを披露したいからだ。完璧主義め。
あと、忙しくてイライラしたり、自分の思い通りにいかないことが嫌だ。我を見失うのが怖い。身体と心に余裕が欲しいのだ。
それはそれでいいと思っている。今でも。
でも、変わりたいと思った。ちょっぴりだけだけど。

いつでも、どんなときでも、心の平穏を保っていられること。しんどい時こそ、つらい時こそ、自分勝手にならず、周りの人間を喜ばせられること。そうすることで自分が救われるということ。そんなことを実現してみたいと思ったのだ。

あえて言っておく。自己犠牲ではない。
「喜ばれると嬉しい」という人間本来の幸せ、生きる意味、人生の目的なのだ。…たぶん。
それを実感してみたい。ただの好奇心。
だから私は社員になることを決めた。しんどい道を選ぶのだ。でもそれがチャンスなのだ。

今はワクワクしている。まだ余裕があるのかもしれない。それとももうすでに変化は始まっているということか。

なーんてな。