生き方

自分が納得のいく人生の目的を答えられるか。残念、答えられない。

今日も絵、ウクレレ、女声ともに30分ずつやりました。
非常に眠たいです。
お昼の3時なのに。
昼食を食べて、ウクレレと女声の練習をして、いざブログを書こうと思っているわけですが。
また、あくびが出ちゃいました。
書いた後は自由!
よし。

といっても何を書こうか、何も考えていなかったわけでして。
最近、頭の中でぐるぐる渦巻いている何かを言葉にしてみようと思います。

ハッキリ言ってしまうと、私の人生の目的とは何か、ということ。
昨日キングコングの西野亮廣さんの著書『新・魔法のコンパス』を読みました。
本の内容は簡単に言うと、人生の歩き方について。
お金、広告、ファン、大きく3つの問題への姿勢を教えてくれています。
大変参考になり、感銘を受けたのですが、一つハッキリと思い知らされたことがあります。
それは、私は目的が定まっていないということです。

キンコン西野さんの目的は、

「誰も見たことがないエンターテイメント」を作ること

と明確に記しています。
この目的に対して正しい戦略を選んで勝負をしています。

私はどうでしょう。
目的もなくふらふらと、やりたいことをやることに習慣がどうのこうの言って、じたばたしています。
やっと落ち着いて、やりたいことを習慣化させようと毎日を過ごしているわけですが。
そこに目的はあるか、と聞かれたら、ないなあと答えるほかありません。

何でやりたいのだろう?
何でやるのだろう?
「好きなときに、好きなことをして、生きたい」から?

習慣の力によって自分を変えることができるのか?→これから実践!『自分を変える習慣力』三浦 将 著 まだ読んでいる途中ですが、参考になった部分が多く、自分の方向性が決まりそうなので、書いてみます。 ...

果たして本当にそうか?
という疑問が、常に私に付きまとうのです。

考えても仕方がないとも思います。
しかし、自分の納得のいく目的がないと前に進めないような気もします。
たぶん、怖いのでしょう。
前に進むことが。
目的はこれだ!と決めてしまうことが。

人生の目的という問題はどのように解決するのでしょうか?
私にはまだわかりませんが、もう少し考えてみます。
わかることは、私がそれについて考えることが好きだということ。

目が冴えてきた。