生き方

人生の目的と向き合う 第1問「毎日の生活、どんな感じ?」

今日は絵、ウクレレ、女声ともに50分ずつやりました。
朝から雨が降り続いています。

今の私にピッタリの本を持っていたのでご紹介しましょう。


どストレートですね。
ありがとうございます。
探し方、見つけ方とあるので、この本を読めば人生の目的に関するヒントが得られそうです。
ちなみに私が持っていたのは、文庫ではなく単行本です。

パラパラと開いて読んでみたところ、疑問文が多い印象です。
はじめのはじめにも「何のために自分は生きるのか」という見出し。
冒頭も「今日という日を、あなたはどのように過ごしましたか」という問。
こういった問に自分なりに答えを考えていけば、良いのではないでしょうか。

なので、こちらの本から疑問文を抜粋し、それについて考えて答える、というものをやっていきたいと思います。
引用部分は疑問文以外のところも含めて、私が気になったところを考えてみます。
ちょっとずつやりたいので、複数の記事に分けて書いていきます。

さっそく1回目。

「いま、あなたは毎日どんな感じで生活していますか」
引用元:本田 健(2014年)『人生の目的 自分の探し方、見つけ方』大和書房(1ページ)

私「ぼちぼちでんなあ」

そんな私の回答を見透かしたように著者の本田さんは、充実していると答える人は数%しかいないと言います。
なんとなくで日々を過ごしている人がほとんどで、その誰もがもっと充実した人生を送りたいと思っていると。
ここで私が気になったのは、なんとなく生きている毎日も、そう悪くはないのでは?ということです。

確かに、人生の目的を見つけて生きたいと思って、このような本を読んでみたりもしています。
それでも、もやもやとした気持ちを抱いている状況であったとしても、それもアリなんじゃないかと思うのです。
どっちがいいかと聞かれると、そりゃあ充実しているほうがいいかもしれませんが。

何をもって充実していると言えるのか、とか。
そもそも充実した人生の経験がないからちょっと怖いかも、とか。
そんな考えが浮かんできます。

果たしてこんな私でも目的なんてもものが見つかるのでしょうか?
しばらく、この本と向き合っていきます。

最初から曖昧で中途半端な感じ、私クオリティ。