レビュー

私はもっと自分に自信を持っていいのではないかという考え

どうも、自信がありそうでない人です。
自信がありません。
なぜでしょうか。

自信がないのは、コレジャナイ感が少なからずあるから。
コレジャナイ感。
すなわち、不安。

何に対する不安でしょうか。
将来。
働くこと。
お金。
生き方。

人生の目的がハッキリしていないこと。
自分の信じる道がわからなくて不安なのではないか。
そう思います。

人生の目的は?
生きる意味は?
わからない。
不安だ。

そんな私はとある本を見つけます。
五木 寛之(2019年)『人生の目的』幻冬舎新書


作者の考えは、人生に決められた目的はないというものです。
あえて言うなら、自分の人生の目的を探すことが人生の目的である、というお話も。
自分だけの生きる意味を見つけるために、生きるという道。

ただ生きている間には見つからないかもしれない。
それが嫌なら、人生の目的を自分で作るという道もある。
目的を作り、それを信じて生きる。

ただこれも難しい。
だったら他人が作った人生の目的を信じるという道もある。
それが信仰である。

私はどうだろう。
今は、人生の目的を探している。
それが人生の目的となり得るのか。

仏教に興味を持って調べてみたのは、他人が作った人生の目的に触れてみたかったからかもしれない。
仏と呼ばれる存在が悟った真理を知ることで、人生の目的が見つかるのではないか、と。

しかし、信仰までには至らない。
仏教を聴聞するオンライン講座もあるようだが。
メルマガにも登録してみたが。
やはりあるのは、コレジャナイ感。

これはいっそ自分を信じるしかないんじゃないかって。
人生の目的を自分で作る道。
私は自分の信じた道を歩むしかないような気がする。
・・・どうだろ。

じゃあその信じる道は何なのか。
結局また探すことになるのさ。

堂々巡り。