「私の在り処」なぜ私はどうでもいいことを考えてしまうのか

私はどこにいるのか。

ここにいる。

本当にそうか?
絶対だと言い切れるか?

・・・当たり前だろう。

よろしい。
では、私はなぜ生きている?

私は、幸せになるために生きている。

よろしい。
では、幸せとは何か?

幸せとは、大切な人と一緒にいることだ。

よろしい。
では、その大切な人と一緒にいるといい。

ああ、そうする。

* * *

これはこれで、問題ない気がします。
私はなぜ人生の目的とか、幸福とか、そんなどうでもよさそうなことを考えているのでしょう。
何か考えずにはいられないのは、ただの癖なのかもしれません。

自分の人生に対する熱意がないのです。
生きる目的がないのです。
それが不満で、悲しくて、虚しくて。
私は考えます。

しかし、考えることに熱意があるわけではありません。
ただの逃げ道として考えている風を装っているだけです。
・・・たぶん。
なぜなら一向に答えが出ないのと、何度も同じことを考えているからです。

そう簡単に答えが出るわけではないこともわかります。
ただ、この問題を抜きにしても人生は続いていきます。
考えても考えなくてもよい問題に対して。
私は真剣でもなく、無視することもなく、考え続けているのです。

そんな私は、本当に空しいです。

どうも、空しい人です。
人生にとってどうでもいいけど、きっと大切なこと。
それを考えるのが好きです。

ただそれだけなんだよなあ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA