生き方

本気で何かに取り組んだことがない人は、情熱を見つけられない?

どうも、お肉の脂に弱い人です。
食べ過ぎるとお腹が気持ち悪くなります。
そんなこともある。

情熱を注ぐことのできるものを見つけたい。
昨日はそんな記事を書きました。
ちょっと続きます。

人生の目的と向き合う 第25問「不可能かもだけどしたいことは?」どうも、サカナクションの『忘れられないの』にハマっている人です。 あのメロディーが、忘れられないの~♪ さ、久しぶりにやりましょ...

ふと疑問に思ったので、そのまま検索してみました。
「情熱の見つけ方」
まま、いろいろ出てきました。

中でも私にグサッと突き刺さったのは、本気で取り組まなければ情熱も見つからないということ。
本気でやらないことには何も生まれないよ、と。
そうだよなあと思います。

自分が今までの間で、本気で何かに取り組んだことなんてあったかしら。
まずそもそも、本気って何? という問いもあります。
そして、自信をもって「これを本気でやってきた」というものがないのではないかという問いも。

期間の長さでいくと。
サッカーを13年間続けていました。
これは本気だったのでは?
サッカーをやる上での本気とは、プロを目指すことでしょうか。
本気でプロを目指していたかと聞かれると、答えは「ノー」です。

サッカーをやめた後の受験もそう。
大学生活もそう。
作家を目指したときもそう。
私は本気で何かに取り組んだことがないのです。

まだ本気出していないだけ。
よくあるダメ人間の言い訳。
それを私は体現しています。

本気を出せる何かが見つかれば、俺だって・・・
みたいな考えで生きています。
このままだと一生見つからないのかもしれませんね。

また、ふと「本気を出せることを見つける」と検索して見つけた記事

やりたいことを気軽にやってみるのが良さそうですね。
当たり前のことをおっしゃる。
大事なのは他人の目線ではなく、自分がやりたいと思うこと。
何かに触れて、自分もやってみたいな、と思うことでもいいし。
面白そう、と感じたことでもいいし。

シンプルに考えようってさ。
なるほど。
じゃあ、わかった。
ちょっと、シンプルに考えてみたいから、考えてみる。

情熱を見つけられるのは、本気で取り組んだ後ということであれば、本気で取り組む前に、ちょっとやってみるという手順があるのではないか。
本気で取り組んだことも、情熱もない自分にとって、まず目を向けるべきは、ちょっとやってみるということになる。

だから、ちょっとやってみよう。

ただ、それだけだから、余計なこと考えないでいいと思う。