日々のこと

私は言葉にすることが苦手である。特に、生活について。

今日考えたこと。

私は言葉にすることが苦手である。

正確には、生活について話すことが苦手である。

ただただ生きているだけだから。

言葉をあまり知っていないのだ。

本屋さんで有名な人の日記を読んだ。

そこにはその人の生活が言葉にされていた。

その日の天気、その日に食べたもの、その日の庭の状態、誰と会って、何をしたのか。

私が日記をつけるとしたら、そこまで詳しく書けるだろうか。

いや、無理だ。

私は生活を軽んじているわけではない。

しかし、無為に過ごすことが多々ある。

今日一日、何をしてたっけ・・・

そんな日もある。

どう生きようとその人の勝手だ。

私も私の人生を生きる。

しかし、他人の人生を知ってしまうと、どうしても羨ましく感じてしまう。

なぜだか。

おそらく自分の人生に満足していないのだろう。

今でも十分と思いつつも、心の奥底では満たされていない。

他人を見るたびに、自分の足りない部分を補いたがる。

そうあるべきだと思うが、少し、しんどい。

自分の中にも他人に羨ましがられる何かがあればいいのだが。

そう考えてしまうし、その何かは、自分ではなかなか見つけられない。

・・・話を元に戻そう。

私は言葉にすることが苦手である。

こういった思考の内容ではなく、生活の内容を言葉にすることが。

多分これは、私が今まで言葉にしてきたことがないのが原因だ。

つまり、慣れているか慣れていないかの問題。

慣れてしまえば苦手ということもなくなるはず。

ただ、慣れるまでそれをやってみて、やり続けなければならない。

それが難しくてできないから、苦手なのだ。

苦手なのも癖の一つかもしれない。