ライブ後の耳キーンが治らないときの対処法

こんにちは、田崎史乃です!
先日、「LOSTAGE」というバンドのワンマンライブに行ってまいりました!
全く知らないバンドだったのですが、元会社の先輩の強いお誘いもあり、私の人生で初めてのライブに参加してきました。
そう、初めてです。

・・・すごいっすね!

小さいライブハウスに150人ほどのファンがぎゅうぎゅう詰めに入り、爆音の演奏を全身で感じる・・・。はあー、すごい。
初参加で、バンドのこともライブのこともあまり知らない私でも、その場の空気、音楽に心踊らされ、魅了されていました。

とても激しく盛り上がったライブが終了し、帰路につきましたが、一つ気になっていることがありました。
大音量で演奏を聴いていたので、終わった後に耳がキーンとなっているのです。
これは耳鳴り? 周りの環境音も聞こえにくい状態です。
「大丈夫かな?」「明日には治ってるよね?」
そう思いながら不安だったので、この耳キーンを治す方法を調べてみました!

通常は自然治癒力で1日や2日で治る

まず、ライブ後に発症する耳鳴りのことを「音響外傷」と呼びます。
耳の内部にあり、音を感知する「有毛細胞」と呼ばれる感覚神経が傷つき、音が聞こえにくくなるのです。
ただ、耳鳴り自体は普通だったら、放っておいても2日もあれば勝手に治るようです。
人間の自然治癒力ってすごいですね!

ひどい場合は、お医者さんに!

しかし、この「有毛細胞」は一度傷ついてしまうと再生できないようです。
あれ?さっきは勝手に治るって言ったのに・・・となりますが、耳鳴り自体は治る可能性がありますが、「有毛細胞」は治らないみたいです。
そしてひどい場合、耳鳴りが治らず、耳が聞こえなくなる難聴になってしまう危険性もあるのだとか。
もし2日経っても耳鳴りが治っていないときは、1週間以内に耳鼻科へ行って診療を受けるのが良さそうです。
ちゃんと治療法もありますが、いずれも診療を受けてからでないと、自分で判断して薬を飲んで治すとかはできませんので、ご注意を!

不安が残る場合、早めに専門家に頼る

私の耳鳴りはライブ当日の夜と次の日も続き、2日目も気になっていましたが、3日目には治りました。
耳がキーンとなっている間は、ずっとそちらが気になって「ほんとに治るのかな?」「治らなかったらどこの耳鼻科に行こうかな」と不安になっていました。
今、耳キーンになっていて不安な方もいらっしゃると思います。
「でも、知らないうちに治ってるから安心して!」とは間違っても言えないので、今回調べて記事にしました。
読んでいただいても不安が残る場合、早めに耳鼻科に行きましょう。
専門家に頼るのが一番の対処法だと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA