日々のこと

おやすみの前に昨日の自分とお別れをしよう

[vkExUnit_ad area=before]

久しぶりに球蹴りをした。
楽しかった。
身体は覚えているものだと改めて感じた。
少しの汗をかいた。
少し疲れた。

考えたことがある。
私は何かを発信しなければならないということ。
しなければならない、というと義務感に聞こえるがそうではない。
私にしか発信できないことを伝えていくべきなのだ。

では、その何かとは、何か。
それは私が立ち向かわなければならないこと。
つまり、考えすぎないこと。
考えすぎるのなら、じゃあどうすればいいのか。
気にしない。気楽にいこう。そんなゆるい感じ。
できているようにも思う。思うが結局がんじがらめ。

中身のない発信はただの……、
ダメだ。きたない言葉は使いたくない。
がしかし、今まで発信してきたことに中身などあったのだろうか。
謎だ。

誰かに何かを伝えたいという欲求は小さい。
そう思っているが、そうではないのかもしれない。
なぜこれまでインターネットという世界で活動してきたのか。
誰かに見つけてほしかったのではないか。
私という存在を。
私って何だ。
だから、それが、
考えすぎるけど気楽にやってみて楽しんでる奴
ではないのか。

となると、私からのメッセージはこうだ。
私はここにいるぞ。気楽に楽しんでいるぞ。あなたも気楽に楽しんでみるといいよ。
この内容を音声で、シチュエーションボイスに、ラジオに、配信に落とし込んで、伝えていくのだ。

いや、わかっている。
間違っている部分もあることは。
しかし、今夜は見返さない。
私の投稿を待っている人間がいるのだ。
気楽に何かしたいと願い、何かしなければと焦る自分という人間が。

反省はしている。やり方も変えていく。
ただ私は、私自身を救いたいのだ。









なーに言ってんだかって
はやくおやすみなさいよ

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]