「考えること」と「生きること」の両立と習慣化を目指したいのだ

自分は何がしたいのだろう。
「したいこと」と「できること」はちがう。
「したいこと」は「できるようになりたいこと」か?

私は何をしているのだろう。
「していること」と「したいこと」はちがう。
「していること」は「できること」か?

何をそんなに考える必要がある。
何をそんなに悩んでいる。
自信を持て。

・・・

またそうやって考える。
自信を持つにはどうしたらいい?
そんなことを考えてやがる。

「持っている考え方」と「実際に生きること」はちがう。
生きることはもっと難しいように思う。
考えても仕方がないほどに。

生きていると考えられない。
考えていると生きられない。
そんな感じがする。

そう。
生きていると忘れてしまうのだ。
だから私は考えることを求める。

でも、それだと生活が続かない。
考えていると生きられない。
どうすればいいのか。

生きながらも考える時間を取る。
生きることも考えることも怠らない。
それこそ習慣ではないか。

「考えること」と「生きること」
この二つの両立と習慣化は可能なのか。
可能かどうかはともかく、私はそこを目指さなくてはならない気がする。
それが自分の信じる道となりそうな気がする。

気がするだけかもしれない。

やはり自信がない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA