いつも通りの日々から抜け出すには、その日のその時に集中する

どうも、いつも通りの日曜日を過ごした人です。
いつも通りの朝。
いつも通りの昼。
いつも通りの夜。

なーんて言ってみたけど。

いつも通りって何でしょうね。
毎週一緒ということ?
同じような日ということ?

いやいや、となると、今日はいつも通りでなかったよ。
朝、いつもの食パンがなかった。
昼、いつもの昼寝がなかった。
夜、いつものご飯がなかった。

これをいつも通りと言ってしまうのはおかしいと思うなあ。

毎日同じ日々を過ごしてるわけではない。
毎日何かしらの違いはある。
その変化を無視して生きてしまうのは、なんと惜しいものか。

ではなぜ、いつも通りになってしまうのか。
些細な変化が些細過ぎて気づかないのか。
見過ごしてしまうというのか。
気にも留めないというのか。

いつも行っていることは確かにある。
いつも朝ご飯を食べる。
いつも歯を磨く。

働いているときは、いつも会社に行くし。
今では、いつもブログを書く。
そして、いつも晩ご飯を作って、食べて、お皿を洗って。
いつも通り夜に眠る。

単純に言ってしまえば、これで完結する。

でも、実際はそうではないだろう。

朝ご飯に何を食べて、どんな味がする。
歯磨きはどこの歯から、何分かけて磨く。
何について、何時頃にブログを書く。
晩ご飯に何を作るか決めて、作り方を確認して、どんな味がして、どのお皿から洗う。
寝る前に何をして、寝るときはどんなことを思う。

これはほんの一例。
一日の中にその日以外にはない出来事が無数にある。
いつも通りでは済まされない。
そんな感じの。

いつもの夏の暑い夜。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA