日々のこと

何のためにブログして何を発信するのか。答えられないなんてイヤだ

私にはどんな想いがあって、誰のために発信するのか。
そして、モンスターハンターアイスボーンを買うのか買わないのか。
考え始めて早1週間(?)。
決まったことを決められないことがある。

決まったこと

アイスボーンを買いました!
モンハンワールドのストーリーは一応クリアしていたので、すぐに新しいフィールドである「渡りの凍て地」へと向かい、これまた新モンスターの「ブラントドス」を狩猟しました。
やはり楽しい! 相手めっちゃ強いけど。
装備を揃えつつ、まったり進めていきます。

発売してすぐ買うなら、予約しておけばよかった・・・。
なんて、思ってないんだからねっ!

決められないこと

これは「あんちゃ」先生の教え
「私にはどんな想いがあって、誰のために発信するのか」
これを明確にすることで、発信力を磨くことができるというものです。

そもそも自分に発信力が必要なのか?
という問題。

・・・欲しいなあ。

あればいろんな人に私のことを知ってもらえるでしょう。

・・・?

私はいろんな人に自分のことを知ってもらいたいの?

え? 違うの?

いや、そんなこと考えたことなかった・・・

え? じゃあ何でブログやってんの?

・・・なぜでしょうか?

自分はなぜブログをやっているのか

当ブログのテーマ(目的)←田崎史乃の活動こんにちは、田崎史乃です! ブログのなかで、何度かお話しさせていただいていますが、私にはやりたいことがいくつかあります。 今回はそれ...

この記事に書いていました。

今では「イラスト」も「ウクレレ」もあまりやっていませんが。
「料理と写真」なんて一回も公開してません。
唯一「自分の声を使った面白いこと」だけはやっていますね。
え? 面白いですよね、コレ

なんだかんだいろいろやって「田崎史乃のことを覚えていってもらうこと」。
これこそが、本ブログをやっている理由でした。

そうやったんや・・・忘れてたわ。

うん、知ってた。

誰かの記憶に残るということ

ちょっと待ってください。
「田崎史乃のことを覚えていってもらうこと」ということは。
私は「誰かの記憶に残ることをする」ということ?

そんなことが可能なのでしょうか?

可能なんでしょうな。
現に、自分が他の人のことを記憶しています。
例えば、「あんちゃ」先生。
私は彼女の発信している「何か」に引っかかって、彼女のことが記憶に残ったのです。

こんな言い方すると、何か気持ちわるいですね。
でも、「誰かに覚えていってもらう」とは「誰かの記憶に残る」ことなのです。

覚えてもらうことが目的となっていいのか

自分のことを誰かに覚えてもらいたい、という望みはわかる。
しかし、それが目的となっているのは、少し違う気がします。
覚えてもらうのは、結果でしかないような。

何かをする→誰かに伝わる→覚えてもらう
この流れは覆せません。
誰も私に興味も関心もないのですから。

私が何かをしていることによって、誰かがたまたまそれを見つけて、奇跡的に興味を持ってくれるとします。
そうしてようやく「田崎史乃っていうのか」と覚えてもらえます。

私が覚えてもらうために何かをしているとすれば、そのやる気は続かないでしょう。
今がそうであるように。

改めて、何のためにブログをするのか

では、覚えてもらうことをブログをやる理由にするのではなく、他の理由を見つけましょう。

・・・あれ?
それを今までブログで考えてこなかった?

そうだったような。

では、

ちょっとブログを振り返ってきます。

次章、ブログの目的を見つける旅へ

つづく、のかい?