日々のこと

アタマに浮かんだことを書きましょう。

癒される音楽。
はかない夢。
悲しみに満ちた希望。
そして、青空。

何が言いたいのかというと。
それはつまり。
分からないということなんだ。
誰に聞いてもね。

帰り道に出会った少年と。
夢見る羊に握手をしよう。
タッチペンというと急に現実的になる。
イザベラ、君のことか。

何の変哲もない勇者から言われた言葉。
愛に生きるな。
どうしてそうなったのかと聞かれても。
誰も答えられない。

やみくもに走った。
息を切らしながら。
しんどい。
もう無理だ。

お友達から始めましょう。
よそ者はごめんだ。
明日になればわかるだろう。
折れそうになる心を許して。

繰り返し何度もうなずいた。
誰も悪くない。
気のせいだったのだ。
有名になるくらいなら。

暖かくなってきた。
いや、暑いくらいだ。
ふと時計に目をやった。
明日はもうすぐそこだ。

代わりにやってみてはくれないか?
それはいけない。
あいつから何を言われたって構いはしない。
ただよだれを垂らして見ているだけだから。

いつまで続くんだろう。
この戦いは。
って、私が言うのもおかしな話。
いつだって終わらせようと思えば終わらせられる。

まだ途中なのに。