雨の日はキライじゃないけど、濡れるのはちょっと困る。湿気るし。

雨が降る朝は暗い。
いつもなら太陽が昇る時間でも、窓の外は灰色。
水の滴る音。
6月のにおい。

雨の降る日はできるだけ外に出たくない。
濡れるから。
濡れたくない。
服が肌にくっついて、べとべとするから。
しかし、それも避けては通れぬ。
今日は職安に行った。

何かを変えようとしているのではない。
ただ流れに身を任せているだけ。
行ったり来たりする気分の波にうまく乗れないまま。
思考の渦に飲み込まれる。
ぶくぶくぶく。

イヤな気分ではない。
むしろ心地良い。
そんな毎日に慣れてしまっているのだ。
習慣の快適さは私もよく知っている。
知っているからこそ抵抗できない。
私はラクな方を選ぶ。

どこまでいったら納得させようか。
図りかねている自分がいる。
でももう決めなくてはならない。
私も今のままではいけないと思っている。
何とかしなければと、考えている。

解決策は一つあるが。
それを選ばないためにも。
また同じ道に戻ってしまう前に。
見つけ出さねば。

私の望む未来を。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA