気持ちの整理

YouTubeで観た動画を紹介します。
『超わかる!ニーアオートマタ①【ストーリー考察】』上級騎士なるにぃ

はい。ゲーム動画です。
前・後編あり、どちらも1時間超えです。とにかくすげえ。

なんで観たの?

パソコンで作業している間、音楽を流しています。
YouTubeで何を流そうか検索していると、いろんな動画を観てしまいます。
そして、作業が中断。
我に返り、BGMを検索。
また作業が中断。
我に返り、作業のお供を検索。
これの繰り返し。一向に作業が進まないです。残念。

そんな中、気になっていたゲームの考察動画を発見。
ニーア オートマタ(NieR:Automata)』です。
話題になったのはかなり前です。発売が2017年ですね。
自分は当然ながら未プレイ。内容は知りませんが、タイトルは何度も目にしたことがありました。

正直、内容も操作もむつかしそうなゲームです。以下、概要。
すっごい未来のお話。地球にエイリアンが侵略してきて、人類は月に逃げている世界観。人類は地球を取り戻すためにアンドロイドを作り、エイリアンが作った機械生命体と戦っています。主人公はそのアンドロイド。アンドロイド(人類側)VS機械生命体(エイリアン側)が繰り広げられていく中で、主人公たちがなぜ生まれてきたのか、知っていくことになります。

うん。わからん。

わからんからこそ、作業用BGMにはぴったりだろうと思ったのです。

観てしまうに決まっていた

案の定、前編、後編ともに観てしまいました。
作業そっちのけです。だって気になるんだもの。

ゲームの映像すごいし、ストーリー気になるし、解説のしゃべりもお上手。
映画1本、観た感じです。
ゲームプレイしてなくても、これだけの満足感。
すごいなあ、有り難いなあ、と思った次第です。

自分の場合、ゲームはプレイするより、見る派なのです。
操作を楽しむよりストーリーを楽しみたい。こんなゲームの楽しみ方は間違っているだろうかと、たまに不安になります。
しかし、小さい頃、兄や友だちがゲームをしている画面を、隣で眺めていたことを思い出して、ちょっと懐かしい気持ちにもなります。
これはこれでアリだと、自分で自分を認めてあげましょう。

まとめ・感想・結論

気になるゲームは、YouTubeで確認できます。
自分でプレイするかどうかの判断材料になります。
プレイしなくても映画を観たような気持ちになれます。
ゲーム実況者さん、ありがとうございます。

ポケモンの新作買うか、迷う。

2022-01-28レビュー

ウェブスクレイピングに苦戦しました。

『文系でもはじめてでも稼げる! プログラミング副業入門』という本を読みながら、ほぼ1日かけてやってみました。

ですが自分の力及ばず、学習環境の構築までで終わってしまいました。

正直、構築が上手くいっているのかすらもわかりません。

また今度チャレンジすることにしようと、一旦あきらめました。

仕方なかったんや……。

そもそもなぜ?


自動で情報収集ってかっこいいよな、と思ったからです。

いやいや、それだけではありません。プログラミングには元々興味があったのです。

自作パソコンやWebデザイン、ラズベリーパイ等には手を出した経験があります。ただそのもう一歩先、プログラミングについては未経験でした。

自分でWordPressのテーマとか、アプリとか作ってみたいなーとは思っていました。その度に調べてみるのですが、ちょっとネットで検索するぐらいでは、到底理解できませんでした。

プログラミング、何から手を付けるべきか……

自分にとっては、教室や講座に通ったり、自習型サービスを利用したりするのは、お金がかかりすぎます。

本を読むのは?

でも実践が大事でしょ?

それに本もいろいろありすぎて、自分に最適なものを見つけるのが面倒。

そうやって言い訳をしながらプログラミングを学ばない生活を続けていました。

そんな中、古本屋さんで見つけた一冊の本。

『文系でもはじめてでも稼げる! プログラミング副業入門』
日比野新(2020年)ソシム株式会社

という本を読んで。

どうも、文系です。

どうも、はじめてです。

どうも、プログラミングがしたいです。

中身をパラパラと見ると、HTMLとCSSの知識に半分、Pythonを使ったウェブスクレイピングの解説に半分という感じ。

ほう、これは。

HTMLとCSSについては履修済みなので、Pythonとウェブスクレイピングについて心惹かれました。

やってみたかったよ! と。

はてさて、読んでやってみましたが、結果は前述のとおり。

なぜなら、自分が今使っているパソコンがChromebookだからです。

解説はWindowsとMacしかありません。当然でしょうか。

もちろんChromebookでもウェブスクレイピングはできます。むしろプログラミングを学ぶならChromebookは最適です。

ただ、なあ。

わからないことがあると逐一調べる必要があるのです。

「せやったらこの本じゃなくてええやん!」となったのでした。

感想・まとめ・結論

Chromebookでの解説はなかった。

サイトから無料特典をダウンロードする必要がある。これも面倒。本とPDFとプログラミング画面と行ったり来たりするのが大変だった。

実際にやりながら学ぶ方法はいいが、解説が不十分である。直接教えてもらえる先生が必要。

つまり、プログラミングの独学は、根気が必須だと実感。

また気が向いたら挑戦したいです。

気持ちの整理

ご質問をいただいたので

シチュエーションボイスを投稿するのに、どんな機材が必要か、ご質問をいただいたので、考えてみました。

私は、ニコニコ動画とYouTubeにて、シチュエーションボイスを投稿していました。今はこのサイトでプレイリストを公開しているので、どんなものか確認してみてください。

https://tasakishino.com/voice/

必要なものは「やる気」

シチュエーションボイスの投稿に必要なのは「やる気」です。後にも先にもこれが一番必要です。これがあれば、分からないことは自分で調べるし、必要なものは買い揃えるし、実際に録音するし、とりあえず投稿もできます。

いや、本当に。やる気がないと続けることもむつかしいですよ。私も経験済み。始めるときは、やる気と、好奇心と興味があれば勝手に始められます。ですが、やる気は長続きしません。いかにやる気を持続させるか。その答えも必要ですね。

結論:やる気なんていらねえ

なぜシチュエーションボイスをするのか。何のためにやっているのか。そしてそれを考えながら、やり続けられる気持ち、つまり「やる気」が必要です。とにかくやる気。

……しかし、そんなものなくても始められます。

やる気がなくても続けられます。

ようするに。こんな無駄なことを考えていないで、できることから始めていけばよいのです。ちょいと考えて、ちょっと調べたらわかることを、誰かに質問する必要もないです。

わからない? いやいや、それはただの言い訳です。始めないための言い訳に過ぎません。

さっさと始めてしまえばよいのです。

うん。これ全部、自分のことやね。