気持ちの整理

こんにちは、田崎史乃です!
突然ですが、私、会社を辞めました!
4月から無職です。はい。
これについてブログに書きたいと思っています。
が!
これからの生活についての行動指針や、このブログの方向性についても書きたい・・・。
ウクレレで弾き語りしたい、お絵かきしたい、読書したい、買い物行かなきゃ、自炊して節約しなきゃ・・・あれや、これや。
今の私は考えることが多すぎて、一つのことに集中できません!
ですので、まずは頭のなかを整理することにします。

考えていることをすべて紙に書きだす

まずは考えていることを紙に書きだすことから始めます。

考えていることリスト

  • プロフィールを充実させたい
  • ピックアップコンテンツを作りたい
  • プライバシーポリシー・免責事項を設置したい
  • 怠惰を防ぐための行動指針やスケジュールがほしい
  • 収入がなくなるので自炊して節約したい
  • 退職後の手続きについて調べたい
  • ウクレレ練習したい
  • イラスト練習したい
  • 読書したい
  • 紙に書き出してみると、意外と考えていることは少なかったです。
    あれもこれもと考えている間に、ややこしくなってしまっていたようです。

    紙に書きだしたものを分類する

    紙に書きながら思いましたが、上記のリストは大きく3つに分けられそうです。

    ブログのこと

  • プロフィールを充実させたい
  • ピックアップコンテンツを作りたい
  • プライバシーポリシー・免責事項を設置したい
  •  

    生活のこと

  • 怠惰を防ぐための行動指針やスケジュールがほしい
  • 収入がなくなるので自炊して節約したい
  • 退職後の手続きについて調べたい
  •  

    自分磨き

  • ウクレレ練習したい
  • イラスト練習したい
  • 読書したい
  • ここまでくると、頭のなかがスッキリしてきました。
    自分はこんなことを考えたかったんだなあ、と客観的に捉えられるようになります。

    整理しながら考えて、完了させていく

    すべてをいっぺんに考える、というのはできません。
    本棚から一冊ずつ取り出して本を読むように、頭のなかから一つずつ考え事を紙に書き出して完了させていきます。
    すぐに終わりそうなものがあれば、そちらから考えますし、一度で終わらなければ紙に書いたものを整理して保管しておきましょう。
     →最適な保管方法とは?
    私の場合、まずは行動指針から考えたいです。
    また考えたものをまとめて、このブログで紹介します。

    2022-05-09趣味,ウクレレ

    こんにちは、田崎史乃です!
    突然ですが、私、ウクレレを買いました。
    以前から音楽を演奏することに興味があり、ギターとかハーモニカとか買ったことはありましたが、全く続かず、楽器を放置→リサイクルショップで売る、ということを繰り返していました。
    しかし今回、風のうわさで「ウクレレは音楽初心者にはピッタリの楽器」ということを耳にし、それならばやってみたいぜと思い、Amazonで注文しました。

    チューニングしてみるも、音が合わない・・・?

    私が選んだウクレレは、HANKEYのHUC-5というものです。
    ウクレレの他、チューナー、教則本、ストラップ、替えの弦、お手入れ用のクロスとピックが付いてきました。
    これだけ入って、なんと4,000円で買えました!



    昨日注文して、今日届きました。さすがAmazon。
    さっそく開けて、チューニングからやってみようとチューナーをセットし、弦をはじいてみました。
    “ポロン・・・"
    おお~いい感じ!
    初めての楽器に感動を覚えつつ、付属の教則本を確認して、チューニングをします。
    ・・・しかし、問題発生。
    ウクレレの頭の部分についているペグと呼ばれるつまみを回して、決まった音に合わせるのですが、なぜか3弦だけ締めても緩めてもCの音が出ないのです!

    ちなみに、1弦はA、2弦はE、3弦がCで、4弦はGに合わせます。

    しっかりペグを回して弦を張ると、ちゃんと音が出る!

    そこでネットで調べてみると、「音痴のウクレレ」が稀にあるとのこと。
    まさか私が買ったウクレレが・・・?
    かなりショックを受けましたが、さらに調べていると、とあるウクレレの動画を見つけました。

    ガズレレさんというウクレレをとってもわかりやすく解説している方の動画です。
    YouTubeでこの方の動画を見てチューニングしてみたら、自分はペグを緩めすぎていたことに気がつきました。
    超初心者の私にとって、こんなに回して大丈夫?と思うくらいちゃんと締めたら、Cの音が出ました!
    ただし、閉めすぎると弦が切れてしまうことがあるそうなので、ご注意ください。
    チューナーで音を合わせて、チューニング完了です。

    ガズレレさんの動画を見て、練習していきます!

    そんなこんなでチューニングの後もガズレレさんの動画を見ながらウクレレを楽しんでいます。
    動画を見ていると、優しくて陽気なおじさんが、ウクレレを通して老若男女問わずいろんな人に、音楽の楽しさを味わってもらいたいという思いがすごく伝わってきます。
    なぜか、私も将来こんな素敵なおじさんになりたいなあと感じました。
    ガズレレさんの動画で練習して、いつか私も弾き語りをできるようになりたいです!

    2019-09-04気持ちの整理

    こんにちは! 田崎史乃です!
    私はこのブログを通して、自己表現なるものをやっていきたいと考えております。
    ですが、考えすぎて動けなくなることが多々あります。
    正しい方法は何か? 効率的に行動するには? といった内容をインターネットで検索して、最短で成功する方法を求めてしまいます。
    結局、何をどうすればいいのかわからない状態になり、途方に暮れてしまいます。
    そんなとき、皆さんはどうしていますか?
    今回私は、図書館へ行くことによって、自分の課題を見つけることができました!
    その内容を書いていきたいと思います。

    何をどうすればいいのかわからないときは、図書館で本を眺めよう!

    図書館に行くと、本棚にぎっしりと本が並べられています。当たり前ですよねw
    整然と並んでいる本を何気なく眺めていると、ふと気になる本が目に飛び込んできます。
    この「ふと気になる」というのが重要です。
    直感で選んだ本にこそ、現在の自分の興味関心や課題が見つかるものです。
    私自身、ふと気になった本を手に取り、パラパラと中身を見て、借りようと思った本が5冊ありました。今回借りた本から、自分のやりたいこと、やるべきことを捉えてみようと思います。

    図書館で借りた本から自分の課題を見つける

    今回借りた本は以下の5冊です。

    1. 『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』
      著者:立花 岳志
      出版社:サンマーク出版 (2018/3/23)
    2. 『スーパープログラマーに学ぶ 最強シンプル思考術』
      著者:吉田 塁
      出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016/5/14)
    3. 『「めんどくさい」がなくなる本』
      著者:鶴田 豊和
      出版社:フォレスト出版 (2015/3/7)
    4. 『成功者が実践する「小さなコンセプト」』
      著者:野地 秩嘉
      出版社:光文社 (2017/10/20)
    5. 『手帳で楽しむスケッチイラスト』
      著者:MdN編集部
      出版社:エムディエヌコーポレーション (2015/5/26)

    次に、自分はなぜこれらの本を選んで借りたのかを考えます。

    1. 生き方、働き方について日々考えている私ですが、現在検討しているのは、ブログを書いて、好きなことを発信してお金を稼ぐこと。
    2. いろいろ考えすぎて、頭の中がこんがらがってきているので、必要なことはシンプルな思考の仕方ではないか、と思っています。
    3. 実際に行動に移すことができないのは、「めんどうだ」と内心感じているのかもしれません。めんどくさいと思ってしまう前に行動したいところです。
    4. 理想の生き方を実現するための近道は、成功者のマネをすることだと思い、彼らが行っていることを理解したいという気持ちがあります。
    5. 手帳にイラストを描いて、日々のモチベーションをアップさせたいです。

    借りた本の中に、答えがあるとは限りませんが、自分の考えていることが整理されていくのがわかります。
    今回でいうと、私の課題は

    「好きなことをしてお金を稼ぎたいと思っているけど、めんどくさがって行動に移せていない」

    「成功者が実践していることをマネして、シンプルに考えて行動したい」

    「手帳でイラスト描きながらスケジュールの管理をしたい」

    といったところでしょうか。
    何だかすごく個人的で、自分勝手な解釈ですが、何もわからず思い悩んでいることに比べれば、大きな進歩です。
    この小さな第一歩が、今の私には必要なのです。

    本を借りて、読むだけではいけない。行動しよう!

    本を読むことで、課題解決の糸口にはなるでしょう。
    しかし解決するには、行動するしかありません。
    本に書かれている内容を参考にして、自分に当てはめて実践していくことで、二歩三歩と前に進んでいくことができるのです。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?
    図書館には様々なジャンルの本があるので、眺めているだけでも楽しいものです。
    ですが、ふと気が付くと自分の興味や課題が書いてある本を手に取っていることが多いです。
    これは当たり前と言っちゃあ、当たり前のことなのですが、考えすぎてどうすればいいか分からなくなっているときには、とても有難い無意識の行動なのです。
    図書館で何気なく借りてきた本を、改めて捉え直して見ると、自分の潜在的な考えが見えてくるかもしれません。