音声投稿

関西弁彼氏の音声投稿後記

[vkExUnit_ad area=before]

どうも、関西弁でシチュエーションボイスをやってみたかった人です。
やってみたかったのです。

今回は、シチュエーションボイスをよく聞いている彼女がいる関西弁の彼氏を演じました。
はい、演じました。
アドリブです。

つい出来心で。
また台本をお借りしようかなーと思ったのですが申し訳なくて。
アドリブでやってみようとやってみた結果がこれですよ。

私は声フェチなので、シチュエーションボイスをよく聞きます。
男性向けも、女性向けも。
聞いているうちに自分もやってみたいなあと思うのですが。
どうしても笑ってしまうのです。

地声が関西弁なので、標準語で演じようとすると変になるし。
関西弁でカッコいいセリフを言ってみても変になるし。
これはもう普通に自然にやってみようかな、と。
そう思った次第でございます。

独り言です、全部。
これが楽しい。
ラジオをやっていたときとも違う感じ。
ある特定の相手の人を想定して、その人とお話しているような。

自分で言って、自分で笑うって、どうでしょう。
変ですかね。
楽しければいいか。

今回は様子見の1作ということで。
こんな感じの内容はどのくらい聞いてもらえるのか。
それを確かめたいです。

ということにしておこう。

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]